マンション 売買契約書

MENU

マンション売買契約書で重要な点は?

 

マンションの売買をする際の契約書に関しては、担当する不動産屋が社内基準からしっかり作成してくれます。しかしその中でもしっかり確認しておくべき重要な点があります。

 

手付金

売買契約の際には手付金を受け取ることになります。これまで賃貸契約をした経験がある人はご存知かと思いますが、仲介手数料以外にも敷金や前払い家賃を支払う流れになります。これらの金額を一旦払って契約をしてしまうと、入居するまでにキャンセルした場合は仲介手数料や前払い家賃などは戻ってきません。
今回の手付金もそのような役割があります。つまり契約をしても、手付金さえ払ってしまえば、一定の期間内であれば契約を解除できるというものとなっています。しかも契約を解除する理由に関しては一切問われることはありません。
ですので、買主の立場からすると、2つのマンションを気に入っており、どちらを選ぶか決めかねていたとします。ただしそろそろ契約をしないと他の人が契約しそうな雰囲気があるので、2件とも契約しておき、実際に気に入ったマンションの方で契約を進めるという人もいるようです。もちろん手付金は損をしてしまうが微々たるものかもしれません。
ちなみに売主が契約を解除したいと希望する場合は、手付金の2倍の金額を買主に支払うことで解除することができます。
つまり、せっかく契約までこぎつけたのに、あっさりと契約を解除されたらたまったものではないですよね?そこで、手付金の額は安すぎず、契約解除できる期間を短くするのがおすすめです。

 

 

住宅ローン特約

ほとんどの買主は住宅用マンションを購入する場合、住宅ローンを利用することになると思います。そのため住宅ローン特約を売買契約の中に記載しておくわけですが、買主が住宅ローンの審査に通らなかった場合は契約をなかったことにするという内容となっています。しかも審査に通らなかった場合は、無利息で手付金など受け取った金額を返さなくてはいけません。
この住宅ローンの審査で、売買契約が無効になってしまう事例も少なくありませんので要注意です。これまでの営業活動や宣伝費、契約前の打ち合わせなどがすべてムダになってしまいます。ですので、契約前に買主が審査に通るかどうかという状況をほんとうは調べておきたいところです。買主にしても、先に住宅ローンの審査に通るかどうか確認しておきたいところですが、やはり契約が先になると思うので、その点も踏まえて契約書作成を進めるといいでしょう。