マンション 売買契約後

MENU

マンション売買契約締結後

 

不動産屋と司法書士立ち会いのもと、契約書を交わします。これでマンションの売買契約は締結されますが、その後に金銭のやり取りや打ち合わせが必要となってきます。

 

手付金の授受

一般的に手付金のの金額はマンションの売買代金の10%前後と言われていますので、数100万円という金額になってきます。しかも現金で受け取りますので、銀行の帯が付いているケースがあります。
ここで帯が付いているので100万円単位でまとまっているとおもいがちですが、念のために数を数えましょう。万が一、後で1万円でも足りないことに気づいたら後悔すると思いますので。

仲介手数料の支払い

契約が終われば、不動産屋に仲介手数料を支払います。こちらに関しては、受け取った手付金から支払ってもいいと思いますが、買主の目もありますので、できれば買主のいない時に行いたいところです。

 

決済・引き渡しの打ち合わせ

ようやく契約が済んだところですが、決済・引き渡しの打ち合わせをしておきましょう。一番気になる部分は、買主が住宅ローンの審査に通るかどうかという点です。相手がサラリーマンであっても、審査に通らないことがあります。ただし契約は済んだので、あとは待つしかないと考えます。

 

管理組合への連絡と届け出

マンションを購入すると、管理組合に入ると思います。また定期的にイベントを開催しているところもありますし、運営会長を持ち回りで受け持つところもあるでしょう。
ですので売却して出ていく旨を連絡し、必要な手続きを済ませておきましょう。その後は引越しの準備やお世話になった隣人などへのあいさつをしておくといいでしょう。

 

決済関連

ここまで来ると、最後の詰めの方の手続きとなります。どのようなお金を買主がら受領するのか、これから払うべき金額などを整理する必要があります。一般的なケースでは、住宅ローンを組んでいる状態ですので、一括で返済する必要があります。その他に、引き渡し後にも、自分の口座から管理費などが引き落とされないよう、きちんと手続きをしておく必要があります。
最後にカギや設備の取り扱い説明書などの確認をしておきます。こちらに関しては、賃貸物件でも経験済みですので、そんなにとまどうことはないかと思います。